--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
05.05

ラ・フォル・ジュルネ2012 東京国際フォーラム

5月2日~4日と東京に行ってきました!
目的はいろいろあったのですが、その中のひとつが
ラ・フォル・ジュルネ音楽祭のコンサートを聴きに行くこと!
今年のテーマは「ロシアの祭典」なのです。チャイコフスキーや他のロシアの作曲家の楽曲が好きな私にとってはステキなテーマ☆
いつもお世話になっているれなちゃんと一緒に聴きに行きました。

新潟でも先週ラ・フォル・ジュルネがありましたが・・・
「春の祭典」を生オケで聴けるかと思いきや、新潟ではピアノ連弾版しか公演が無く。これも素晴らしかったですけれども!
どうせならオーケストラ版を聴きたいと思い、東京にやってまいりました。

5月3日 東京国際フォーラムのホールA、読売日本交響楽団の演奏で
ストラヴィンスキー「春の祭典」を聴いてきました♪

N響アワーで2年ほど前に聴いて衝撃を受け、その後CDを購入して何度も聴きましたが、
やっぱり生はいいなー
座席は前の方の端っこでしたが、ヴィオラの音がよく聞こえて、その他、CDとは違う楽器のバランスで、すごく新鮮に感じました。何より緊張感がある。
第二部の前半は曲調がゆっくりなのですが、徐々に緊張感が増していくのがすごく良い。
あとは・・・1stヴァイオリンの譜めくりの絶妙さ加減がすばらしかったです★
(スコア欲しいなー)

他には、
ヴォックス・クラマンティス(少人数の混声合唱団)の演奏を聴いて癒され、
ポー管弦楽団によるチャイコフスキー交響曲第六番「悲愴」のすばらしい演奏に感動し・・・

実は、この二つの公演の間、タイムテーブルでは15分間あったんです。
15分あれば、余裕を持ってホールの移動ができるはずなのですが、現実は違った・・・
ヴォックス・クラマンティスの演奏が10分押しで終演。いや、もっとか?
とにかく、ホール移動の時間が3,4分しか取れなかったのです。東京国際フォーラム、ホールは隣と言えども、階段の移動が長くてきつい。「悲愴」が演奏されるホールCにたどり着いた時、拍手の音が聞こえてきてすごく焦りました。スタッフも「ご予約いただいた席では聴けない可能性もあります」なんて言うしさ(でも一緒に走ってくれました)。

とにかく、ギリギリセーフでした。コンマスの入場と同時に席に着けて(真ん中の良い席でした)。
チューニングをゼーゼー言いながら聴いて、指揮者の入場でも拍手する余裕なく・・・(汗だく)。
落ち着いて聴けたのは第一楽章の途中からでしたね。
金管の音圧がすごかった。それに負けない弦もすごかった(負けてたところも一部あったけど・・・いや、そこはホルンが出過ぎてたかも)。
全力で走った甲斐があったというものです。

チャイコ6番もN響アワーつながりで思い出深い曲のひとつです。
そのとき暇だったから見たN響アワーで、チャイコフスキーの「幻想序曲ロメオとジュリエット」の演奏を放送していて、超感動して、CDを買ったら交響曲第6番も一緒に入っていて、これにも超感動して、クラシックを聴くようになった、という経緯があります。
それがほんの3、4年くらい前の話です。なのでクラシック音楽はそんなに詳しくありません。
しかし、当時自分が編曲するときに、チャイコフスキー楽曲の影響を受けていた部分は少なからずあったと思います。
今年は「悲愴」イヤー。新潟・東京のLFJで聴き、6月に地元アマオケで聴き、9月に東響の新潟定期公演で聴く予定です。他に新潟での演奏情報がありましたら教えてください!

LFJ公演の合間には、グッズ販売コーナーでお土産やCDを買ったり、チョコレートリキュールのモーツァルトを試飲したり(これについては先日悲しい話があったのですが、また今度)。
すてきな一日になりました。

中途半端な感じもしますが今日はこれにて。
おやすみなさい☆


スポンサーサイト
Comment:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。